トーンカーブでここまでできる!基本レタッチ術

本日のテーマは トーンカーブを使った基本レタッチ術 です。

ライトルームのプリセットを無料配布 
の記事では、Lightroomのトーンカーブを主に使ったプリセットを配布しました。現像時の調整、レタッチには色々な方法がありますが、基本となる補正方法にトーンカーブがあります。トーンカーブはどのソフトを使っても大概ある機能ですので、今日はその使い方と主なパターンを書いてみたいと思います。

e0350463_17315409.jpg

トーンカーブの見方


どの現像ソフトを使ってトーンカーブにはRGB、R(赤)、G(緑)、B(青)から選択するプルダウンがあります。

e0350463_17324776.jpg

RGB→ 全体の明るさを調整する場合。デフォルトではRGBになっています。
R(赤)→ 赤のデータのみを調整する。上げると赤みが増し、下げると赤みが減る。
G(緑→ 緑のデータのみを調整する。上げると緑色が増し、下げると緑色が減る。
B(青)→ 青のデータのみを調整する。上げると青みが増し、下げると青みが減る。

e0350463_17332406.jpg


コントロールポイント
コントロールポイントは 斜めに走る線上でクリックすると生成される。このポイントをドラッグして動かす事で明るさなどが変化します。コントロールポイントは複数打つ事ができるが、打ち過ぎると調整が難しくなるので慣れないうちは3つくらいにしておきましょう。
打ったコントロールポイントを消したい時は、ドラッグしたまま表の外まで点をもっていくと外れます(現像ソフトによる)。

横軸
下にある横軸は画像の明るいところから暗いところまでを表している。左が暗い部分、右が明るい部分です。例えば、この図のコントロールポイントがある位置なら、写真の中のやや明るい部分に影響する事になります。


縦軸
左にある縦軸はコントロールポイントを動かしたときの結果を表している。上に動かせば明るく、下に動かせば暗くなります。例えば、この図のコントロールポイントのある位置から上に動かすとすれば、やや明るい部分を中心に、写真はより明るくなります。


上の説明ではわかり難いとおもいますが、安心してください。次の基本パターンをしれば感覚的にわかると思います。

基本的なパターン


最初から自由に動かすのは難しいトーンカーブですが、基本的にいくつかの主要パターンがありますので、その形を覚えておくとすぐに飲み込めます。以下はRGBの状態で明るさのみの調整です。


この写真を使って説明します。
e0350463_17341643.jpg

明るくする

真ん中にコントロールポイントを打って上にあげれば、写真全体が明るくなります。

e0350463_17352294.jpg

暗くする
真ん中にコントロールポイントを打って下にさげれば、写真全体が暗くなります。

e0350463_17354189.jpg

コントラストを上げる
点を増やして明るい部分を上にあげ、暗い部分を下に下げます。S字が出来る状態です。明るい部分をより明るく、暗い部分をより暗くするので、結果コントラストがあがります。

e0350463_17360640.jpg

暗部を明るくする

e0350463_17362668.jpg

明部を明るくする

e0350463_17370092.jpg

今、あなたの手元にある写真で上記のようなカーブを真似してみるとトーンカーブの扱いはすぐわかると思います。色々やってみましょう。


さらに使いこなす


暗部に白をのせて味わい深い印象に
僕がよく使う方法なので紹介しておきます。すこし暗部に白っぽい部分をつくるには、暗い部分の一番端をドラッグして持ち上げます。

e0350463_17400903.jpg

チャンネルごとに触ってみる

さらに上の白っぽくした写真をつかって他のチャンネルも調整してみます。暗部に青い色をのせてみましょう。チャンネルはブルーになっているのに注意してください。

e0350463_17415834.jpg

もう一つ違うものを。コントラストがあがるようにRGBの状態でS字になるようにし、Rにチャンネルを変えて赤みを落としBにチャンネルを変えて青を少し落としました青を少し落とせば青みが減る分黄色っぽくなります。赤を落とすと緑色っぽくなります。緑基調のクロスプロセスのような雰囲気になりました。

e0350463_17431325.jpg

微調整して自分の見せたい色に

トーンカーブを微調整することで、微妙なニュアンスがでます。

元がこの写真ですが
e0350463_17435090.jpg

微調整して自分の好みの色にしました。
e0350463_17441188.jpg

結果がこれです。
e0350463_17443051.jpg

モノクロ写真+トーンカーブ
フォトショップでは調整レイヤーを使ってモノクロ写真にしておき、その上にトーンカーブを使えばセピア調の写真にもできます。


e0350463_17444920.jpg
下の写真はさらにわざと明るめにして色あせた感じをつよくしました。

e0350463_17452281.jpg

どうでしょう?トーンカーブひとつで、色みに関してはいろいろできます。色みを変える事で写真の雰囲気も変わってきます。色の調整はその人のセンス、さじ加減ですが一枚にこだわるならトーンカーブを使う事を覚えているととても便利です。

と言う事で今日は以上になります。

読んでいただきありがとうございました。






WEBサイトのコンタクトページ
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography#!contact/c1m1u

FB
https://www.facebook.com/kenzopics

WEB
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography



人気ブログランキングへ

[PR]
by kenzosyasin | 2016-09-23 18:05 | 写真の実践

写真初心~中級者の方が写真がもっと楽しく、もっと上達する為の方法を書いていきます。


by kenzosyasin