知っておきたいホワイトバランスの基礎知識

本日のテーマは イメージに合わせてホワイトバランスを変える です。

カメラの操作にあわせて覚えておきたいのがホワイトバランス(WB)です。ホワイトバランスを的確に操作すれば、あなたが思い描いた色みにする事ができます。

e0350463_15200729.jpg

ホワイトバランスとは


ホワイトバランスは本来、白いモノを白くみせる為にカメラに写った画像の色を調整する機能です。
肉眼で白く見えているモノも、光源の種類によってはカメラを通すと色がちがいます。
例えば、水銀灯などの光を晴天(太陽光)で撮ったりすると、緑色に写ってしまいます。
これを見た目にあわせるには、水銀灯の緑を白くみせるホワイトバランスの設定が必要になります。


ホワイトバランスの種類

ホワイトバランスもメーカーによって名称が多少ことなりますが、できることは同じです。
以下はニコンのWBの名称で、日中の屋外で撮影したカメラの色みとして説明を書いています。


オート→ 撮影したシーンにあわせて、カメラが自動的に色温度を決定してくれます。

電球→ 青みが強くでます。(光源が電球の場合は、色みが白に近づく)

e0350463_15243940.jpg

蛍光灯
→ 青みがあります。 (光源が蛍光灯の場合は、色みが白に近づく)

e0350463_15243943.jpg

晴天
→ ほぼ見た目通りに写ります (ちょうどニュートラルにちかい状態です)

e0350463_15243927.jpg

曇天→ 赤みがあります。(曇りの状態で撮影した場合は、色みが白に近づく)

e0350463_15243864.jpg

晴天日陰→ 赤みが強いです。(晴天の日陰で撮影した場合に、色みが白に近づく)

e0350463_15243878.jpg

色温度設定→ 色座標で設定したり、色温度を数字(K)で自由にWBを設定できます。

プリセットマニュアル→ カメラで撮って、撮影環境のホワイトバランスを取得します。

※カメラによっては色温度設定が出来ない機種もあります。最近のカメラはほとんどできますが。
※電球や蛍光灯は種類によっても色がかわります。細かくWBの設定をあげればまだありますが、今回は基礎だけなのでふれません。

色温度とは

色はケルビン(K)という単位の数字で表されます。これが色温度です。屋外では、ひとつの光源(太陽)であっても時間帯によって環境の色は変化しています。そして、カメラのWBは白を白に写すようバランスをとる為に、環境の色とは逆の色みになります。例えば、環境が晴天の日陰のところでWBを晴天日陰にすれば「白を白く写る状態」(色が青みがかったり赤みがかったりしない状態)となります。環境が日中の晴れの状態でWBを晴天日陰にすると赤みがあるわけです。

e0350463_15190655.jpg

表現としてホワイトバランスを使う


白を白く見せるための機能がWBの本来の目的ですが、撮り手の魅せたい色にするためにもつかわれます。夕日を撮った場合を例にあげると、撮り手によってその表現したいものが違います。好みもあるし、伝えたい色があるわけです。


WBは晴天日陰で赤みを強くして夕日の印象を強めました
e0350463_15351822.jpg

WBを蛍光灯にして幻想的な印象にしました
e0350463_15350787.jpg


色を詰めるタイミング

あなたの撮影スタイルが、「JPEG撮って出しの場合」や「現像で色はいじらないよ」っと言う場合は撮影時にWBを注意深く決めて撮る必要があります。あなたの撮影スタイルが、RAW撮影で現像時にライトルームなどのソフトを使って仕上げる場合、後で調整がしやすいWBで撮っておくのが大事になります。


僕は写真は表現のひとつであり、表現をするための方法として写真を撮っているタイプの人間なので、撮影のときにある程度現像時の仕上がりをイメージしながら設定を考えています。大袈裟にいえば、シャッターを切る時には、現像して仕上がった状態がイメージされている感じです。



WBを応用すると

こちらの写真は天の川と、外部ストロボを使って女性を撮影しています。イメージとしては夜空は青にしたかったのですが、通常WBを蛍光灯にして夜空を青くすれば、人も青く写ってしまいます。なので、女性を照らすストロボにオレンジのフィルターをかけて撮影しました。そして、現像時に色を微調整しています。


e0350463_15185731.jpg


つまり、ストロボの光源をオレンジ色にすることで、この記事でお話しした表現として色みを変える(夜空の青)と白を白として写す(女性の色み)を同時におこなっているわけです。

ちなみに色についての記事として 写真センスの底上げは配色を知ることから がありますので、興味がある方は読んでみてくださいね。

と言う事で今日はここまでです。
読んでいただきありがとうございました。






WEBサイトのコンタクトページ
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography#!contact/c1m1u

FB
https://www.facebook.com/kenzopics

WEB
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography



人気ブログランキングへ
[PR]
by kenzosyasin | 2016-09-09 15:59 | 写真の実践

写真初心~中級者の方が写真がもっと楽しく、もっと上達する為の方法を書いていきます。


by kenzosyasin