AFの設定を知ってAFロックを使いこなそう

本日のテーマは、AF(オートフォーカス)の設定を知る です。

オートフォーカスする時の操作はどのカメラメーカーのものもほぼ共通しています。シャッターボタンを半押しする事でピントをあわせ、さらにシャッターボタンを押し込むことで写真が撮れます。

僕は知人に「ピントがなかなか思うところに合わない」と言われてカメラをわたされ、フィアンダーをのぞいてみるとAFの設定が適切でなかったりすることがよくあります。なんとなくで撮れてるからそのまま使っているんでしょうが、使いわけを覚えたほうが間違いなく効率も良いですし、ポートレートを撮るならばフォーカスの設定も最低限知っておいた方が良いです。

e0350463_14344647.jpg

オートフォーカスの設定は2つ

ファインダー内のAFする範囲を決めるAFエリアと、追従するか固定をするかを決めるAFモードがあります。メーカーにもよりますが、AFエリアとAFモードは名称がにたりよったりな感じなので混同してしまう人もいるかもしれませんね。また、フォーカスポイントの数も設定で変更できる場合があります。

e0350463_14344687.jpg

各設定には次のようなものがあります。メーカーごとに名称は違いますが、同じような機能はついていますので自分のカメラの説明書を見てくださいね。一応ニコンとキャノンの名称は書いておきます。


AFエリア

○カメラが被写体を自動的に検出してピントを合わせてくれるモード
 (ニコン:オートエリアAFモードキャノン:自動選択AF

○撮り手が任意のAFポイントを選択し、そのポイントでピントをあわせるモード
 (ニコン:シングルポイントAFキャノン:スポット1点AF

○撮り手が任意のAFポイントを選択し、そのポイントの周囲のフォーカスも有効になるモード
 (ニコン:ダイナミックAFモードキャノン:領域拡張AF



AFモード

○シャッター半押し状態のあいだピントをあわせた状態を保持し続けるモード
 (ニコン:AF-Sキャノン:ワンショットAF

○シャッター半押し状態のあいだ動いているものに常にピントを合わせ続けるモード
 (ニコン:AF-Cキャノン:AIサーボAF

○被写体が動くものか動かないものかを自動的に判別してピントをあわせてくれるモード
 (ニコン:AF-Aキャノン:AIフォーカスAF



そのほか、最近は背面モニターがタッチパネルになっていて、タッチするだけでピントを合わせてくれたり、シャッターが切れるものもありますね。

さて、このふたつの設定をどうやって組み合わせるかですが、撮りたい被写体が動くものなのかどうかで決定しましょう。
※ニコンのAFエリア/モードの名称で書いてます

例えば、動きが予測しずらい「走りまわる子供」や運動会の瞬間をねらうなら 

オートエリアAF + AF-C

この設定だとカメラが自動でおこなってくれる部分が多くなるので、思ってるところにピントを合わせてくれない等の当たりはずれもありますが
素早く撮影ができます。


シングルポイントでフォーカスする


さて、風景撮影やポートレート撮影などの被写体に動きがほぼない場合は、

シングルポイント + AF-S

が使えます。が、フォーカスと構図のとる手順に2とおりの方法がありますので紹介します。


フォーカスポイントから1点を選択してフォーカスする

手順は、構図をきめる→ピントを合わせたい位置にフォーカスポイントを移動させる→ピントを合わせてシャッターをきる

と言う感じです。この方法は三脚でカメラが自由に動かしにくい時や、ピントがシビアになるマクロ撮影で有効です。もちろん通常撮影でも使えますが、いちいちカーソルを操作してからフォーカスをあわせるというのは手間であり時間もロスします。


AFロックを使おう

手順は

中央のフォーカスポイントで合わせたい被写体にフォーカス→ シャッター半押しのままカメラを動かして構図をとる→決まったらシャッターをきる

e0350463_14344673.jpg

※カメラを動かす時、前後に動くとピントがずれてしまいますよ

AF-SやワンショットAF では、シャッターを半押し状態でピントが合い、フォーカスは半押し状態のあいだ固定(AFロック)されます。
普段のスナップや手持ちで風景を撮る場合はこのほうほうがおすすめです。また、ポートレートでも被写体の目にAFロックしてから構図を決めて撮ります。


以上では通常のカメラ操作をもとにお伝えしました。
カメラの機種によってはAFロックボタンが別に用意されていたり、シャッターボタンの半押しでフォーカスするのを停止したりできます。


僕の場合カメラはニコンのD610ですが、右手親指側にAFロックボタンがあり、そこでAFロックしています。そして、シャッターボタンのフォーカス機能は切っているので、シャッターボタンを押すたびにフォーカス位置が変わってしまうという事がありません。あなたもカメラの説明書をもう一度見直して、使いやすくできないか見てみるとよいかもしれませんよ?


ただ便利になるだけじゃなく、素早く行動できることはいろいろプラスにはたらきます。AF操作でもたついてモデルさんにストレスをかけたり、スナップや風景撮影で決定的な瞬間を逃したりするのはもったいないです。
是非AF設定をみなおして、AFロックをつかいこなしてみてくださいね。


本日は以上です。 
読んでいただきありがとうございました。






WEBサイトのコンタクトページ
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography#!contact/c1m1u

FB
https://www.facebook.com/kenzopics

WEB
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography



人気ブログランキングへ
[PR]
by kenzosyasin | 2016-09-05 15:13 | 写真の実践

写真初心~中級者の方が写真がもっと楽しく、もっと上達する為の方法を書いていきます。


by kenzosyasin