雪景色を撮る2

雪景色の続きです。

 雪景色にもいろいろありますが、太陽がでて明るい状態はとりにくくなります。このような雪景色はカメラの機能が基準としている「通常の風景」とは全く違う露出条件です。白とびがおこりやすくなるので、ヒストグラムで明るい部分がどれだけあるかチェックしたほうがいいです。


RAWで撮って現像調整するらなら、少し露出を抑えてとっておいたほうが使えない写真を量産するよりは効率が良いとおもいます。

この写真は今言った方法で撮影、現像しました。

e0350463_23211262.jpg

白とびするとデータがそこには無いということなので、編集しようがありません。また、どんな状況でも白とびがわるいというわけではありませんが、白が全体的に多い写真でほとんどが白く飛んでしまうと諧調もないパシパシの画像になってしまいます。







WEBサイトのコンタクトページ
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography#!contact/c1m1u

FB
https://www.facebook.com/kenzopics

WEB
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography



人気ブログランキングへ
[PR]
by kenzosyasin | 2017-01-18 23:31 | 写真

写真初心~中級者の方が写真がもっと楽しく、もっと上達する為の方法を書いていきます。


by kenzosyasin