雪景色を撮る1

僕が住む和歌山は温暖で、冬は過ごしやすい場所ですが、山間部では年に数回雪が降ります。
先日の大寒波ではこちらでも雪が積もりました。


雪景色といっても曇天で雪が降り続く状況もあれば、積もった雪と青い空が気持ちの良い晴れた日もありますし、その都度撮り方も変わりますね。


降っている雪を写真におさめようとした時、なかなかそれらしく写ってくれませんが、外部ストロボを持っていればこのような感じに撮影できます。


e0350463_16225663.jpg

外部ストロボをホットシューにつけて正面に発光させました(内臓ストロボでは少し光が弱いので難しいかもしれません。)。すると手前の雪がストロボに当たってそこにとどまって写ります。白い雪にストロボを当てているので明るくなってはっきりうつりますが、被写界深度的にはボケているので、絵にかいたような雪の表現ができます。まあ好みによりますが。

85mmのレンズでとっています。光量は1/1、遠くに届くように照射角は狭くしています。手前のほうにストロボの光が影響するものがない状態です。


余談ですが、ホコリの舞いやすい室内や雨の日などにフラッシュを使うと、この原理と同じでボケたホコリや雨が映り込み、オーブが写った!となります(すべてそうとは限らないけど)

今週末も寒波の影響で雪が降るところもあるようですね。外部ストロボお持ちならあそんでみてはいかがでしょう。





WEBサイトのコンタクトページ
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography#!contact/c1m1u

FB
https://www.facebook.com/kenzopics

WEB
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography



人気ブログランキングへ
[PR]
by kenzosyasin | 2017-01-18 16:34 | 写真

写真初心~中級者の方が写真がもっと楽しく、もっと上達する為の方法を書いていきます。


by kenzosyasin