ストロボで動きを止める

そろそろ次の写真のコツも上げないといけませんが、今日はまだ用意できてません。


前にストロボの事を話しましたが、ストロボはこういう事ができます。という写真を1枚。
ストロボの基本はこちらに書きました。→ 簡単?めんどくさい?ストロボの基本のき

e0350463_21032689.jpg

水を入れたグラスに苺を落とすと同時にシャッターを切っています。ストロボはグラスの真上にセットしました。全体に光が回らないようにストロボに筒状のものを巻いて、スポット光状態になるようにしています。仕事でもないので、下におちた滴も今回はわざと入れました。黒いだけだと物足りなかったので。

※透明なものを透明感を出して撮るには手前からの光が無いほうが良いです。表面部分で反射すると曇ったように見えてしまします。


ストロボとカメラの同調スピードは1/200秒(メーカーや機種による)より遅くないといけませんが、飛び散った水が止まっているのがわかります。これはストロボの一瞬の光によってセンサーに記録されている部分だからです。定常光が無い場所(絞って露出も暗めにしている)で撮っているのでぶれた部分が記録されていません。


ストロボを使わない場合は、強い定常光をグラスの上から当てておいて高速シャッターで切ってもおなじようにはなります。今回は完全にすべてを止めるので高速シャッターで同じ結果が得られると思いますが、ぶれと止めるを同時におこなうにはストロボが必要になります。


風景のみを撮っているとなかなか使いどころが少ないストロボですが(風景でも使える場面はあります)、自分で作り上げる写真もおもしろいものです。


という事で以上になります。読んで頂きありがとうございました。


WEBサイトのコンタクトページ
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography#!contact/c1m1u

FB
https://www.facebook.com/kenzopics

WEB
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography



人気ブログランキングへ
[PR]
by kenzosyasin | 2016-10-12 21:31 | 写真

写真初心~中級者の方が写真がもっと楽しく、もっと上達する為の方法を書いていきます。


by kenzosyasin