測光モードを知って露出を自由に操る

本日のテーマは 測光モードを使いこなして露出差を理解する です。

e0350463_14564557.jpg


適正露出がおかしい・・・と思った事ありませんか?


露出の話は 露出を変えて雰囲気を伝えよう でお伝えしました。
絞り優先モードを使うときにもう1つ覚えておいて欲しい事があります。それは測光モードです。
カメラをさわってるうちに測光モードがかわっていて、適正露出がおかしいってなる人もいると思います。

測光モードとは?

撮影するときにはファインダー内や背面モニターに露出計が表示されます。明るく撮りたいなら露出補正をプラスにふればいいのですが、そもそも適正露出をカメラはどこの明るさで決定しているのでしょう?その基準にする明るさを測るのが測光であり、測り方にはいくつか方法があります。それが測光モードです。

測光モードもカメラの機種によって名称にちがいがありますが、モード自体はほぼ同じです。

基本の測光モードは3つ

どのカメラにもだいたいあるのが以下の3つです。

マルチ測光/評価測光→ 画面全体からカメラが自動的に露出をはかります。

中央重点測光
→ 画面中央部に重点をおいて露出をはかります。

スポット測光→ 極端に狭い範囲で露出をはかります。


普段使いではマルチ測光か中央重点測光で行えば問題ありません。
スポット測光は、画面内のここっ!の露出を測りたいという状況でよく使われます。

測光モードのメリット・デメリット


マルチ測光/評価測光

メリット→ 平均的な露出を自動でだしてくれるので扱いやすい。現像時にレタッチなどがやりやすい。

デメリット→ 極端に白いものが画面に多いとやや暗めの露出となる。黒いものが多いとその逆。


中央重点測光

メリット→ 人物や花など、主題がはっきりしていて、画面に大きく反映されている場合に扱いやすい。

デメリット→ デメリットではないが、スポット測光の代わりが出来るほど細かな測光範囲でもなく、
       マルチ測光ほど平均的でもない丁度中間。



スポット測光

メリット→ 露出差の極端に激しい時(逆光)などでもピンポイントで測光できるので、
      狙いどおりの露出を得やすい。


デメリット→ 測光範囲がせまいので、測光する場所が少しずれると露出もかなりかわってくる。


撮る環境によってどの測光が良いかが違うので、上記ポイントを参考にしてください。
まずこの3つの測光モードで実際に露出をとってみてください。自分で体感するとすぐにわかります。


AEロックを理解する

前回の記事ではAFロックというのを紹介しました。ピントをあわせた位置をロックしてカメラを動かして構図をとるために使いました。今回はAEロックです。AEロックは露出を固定します。シャッター半押し状態でAFロック/AEロックが同時におこなわれるのがデフォルトです。ですが、ピントはここにしたいけど、露出はここがいいという場面が出てきますね。


この場合はカメラの設定を変更して、AEロックとAFロックを分ける必要があります。機種によるので、説明書で調べてみてください。だいたいのカメラにはAEロック/AFロックを別のボタンに設定できるようになっています。特にスポット測光をする時にAEロックが重要になると思います。


逆光状態での測光

逆光状態は被写体とその背景の露出差がおおきくなります。どの部分をどう写したいかという撮り手の意志がよくわかります。



被写体(山)をシルエットでみせたいならば

e0350463_14570863.jpg


明るい場所で測光することになります。空も太陽があると明暗のグラデーションになっているので、
グラデーションのちょうど中間あたりで測ると良いとおもいます。


被写体(山)を明るくみせたいならば

e0350463_14554231.jpg

被写体で測光することになります。逆光で被写体を測光すれば、空は明るく飛びやすいでしょう。


被写体も背景も両方見せたいならば

カメラひとつでこれをするのは困難ですが、最近のカメラには露出差を軽減したり、暗部を明るくもちあげるような機能や、HDR合成機能がついています。


ニコンならばアクティブDライティングという機能があります。これをONにしているとカメラが自動的に明るい部分を抑え気味に撮影し、暗い部分を画像処理機能で明るくもちあげて露出差を軽減します。
が、やはりあまりにも露出差が大きいとカメラ内機能だけでは難しいでしょう。

※ただし、RAWファイルで撮影した場合はニコンのソフトを使わないとアクティブDライティングの効果は反映されません。

e0350463_14573405.jpg
この写真は風景に露出を合わせておいて、ストロボを使って被写体を明るくみせています。
※ストロボを使うには露出の調整、操作を理解し、大概はマニュアルモードで撮ることになります。



どうでしたでしょうか?露出をコントロールできるようになれば、撮影自由度がアップしたり、できることできないことがわかります。
できないことがわかるとそれをするための工夫や新しい技術を手にしようと前に進むものです。まずは露出をコントロールできるように意識して撮りましょう。

ということで今回は以上です。
読んでいただきありがとうございました。






WEBサイトのコンタクトページ
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography#!contact/c1m1u

FB
https://www.facebook.com/kenzopics

WEB
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography



人気ブログランキングへ
[PR]
by kenzosyasin | 2016-09-06 15:20 | 写真の実践

写真初心~中級者の方が写真がもっと楽しく、もっと上達する為の方法を書いていきます。


by kenzosyasin