写真が上達する人しない人

本日のテーマは

写真が上達する人と上達しない人の違い  について書いてみたいと思います。

「上達のはやさは」個人差がありますが、上達する人、しない人は確実にいます。
理由はいろいろありますが、実は決定的に違う部分があります。それは何か?
簡単です。

やるかやらないか

これだけです。やる人は上達するし、やらない人は上達しません。
なんだそんな事かと思ってるかもしれませんが、まあ聞いてください。
(なんだそんな事かと思うクセは大事なことを逃すかもしれませんよ?笑)

先日アップした記事に
 初心者も簡単に写真が魅力的に
というのがありますが、読んで頂けましたでしょうか?
すでに読んだ人もいると思いますが、読んでくれると言うことは記事の内容に興味があったのだと思います。


しかし、読んだあと行動にうつした人はどのくらいいるんでしょう?
また、写真のコツなんかをどこかで得たとして、どこで「理解した」と感じるでしょう?

1:タイトルを読んで理解したとおもうのか
2:記事を読んで理解したとおもうのか
3:記事を読んで実際にやってみて理解したとおもうのか



上達したいと言う気持ちを結果として形にするには、当然ながら3番目のプロセスが必要です。


写真が上達する方法


もしあなたに以下のような心当たりがあるなら、「何事も行動にうつす」というシンプルな事で上達していくと思います。

●頭ではこうやってああやってと状況をいろいろ考えているが、行動しない事が多い。
●なるほど、今度やってみようっと思ってるだけ。
●だいたいわかってるからやらなくても大丈夫だと思ってる。
●「機材がないから」など理由をつけてやらない。めんどくさい。



まあ僕じしんもいろいろ三日坊主で、できない事のほうが多いので、
例えば、すごい結果を残しつづけるイチロー選手の言葉を見てみましょう。

●ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道
●自分で無意識にやっていることを、もっと意識的にしなければならない
●少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事


どうでしょう?実際に結果を残して歩んできた人の言葉ですが、「やってきた」っていうのが良く分かります。
僕も写真にかんしてはいろいろ経験で覚えましたし、電子書籍の著者として活動するなかで、自分の撮り方を深く掘り下げる事ができました。
なんでもいいから上達するために何かはじめてほしいです。小さな事でいいと思います。すぐに行動しましょう。
知識武装で結果の伴わない人にならないために。


おまけ


もしも、これまでに色々ためしてきてそれでも上達しない感じがしてる方はどこかで思い違いをしているかもしれません。
もう一度自分の写真を見返して一つ一つ丁寧にじっくりどこがだめなのか調べてみると良いかもしれません。
あなたが上手だなぁって思う人の写真と似たようなシチュエーションの自分の写真を見比べてみるのもいいかもです。
構図・配色・レンズ・露出・被写体・ピント どこかに決定的な違いがあるとおもいますよ?
違いがわかれば、それを意識して撮影する事を「実行」してみましょう。

本日はここまで。読んで頂きありがとうございした。



料金・見積もりはWEBサイトのコンタクトページからどうぞ
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography#!contact/c1m1u

FB
https://www.facebook.com/kenzopics

WEB
http://k-illust.wix.com/kenzo-photography



人気ブログランキングへ
[PR]
by kenzosyasin | 2016-08-19 18:22 | 写真の実践

写真初心~中級者の方が写真がもっと楽しく、もっと上達する為の方法を書いていきます。


by kenzosyasin